全色対応タトゥー【最新ピコレーザー(エンライトンV)導入】タトゥー、刺青(イレズミ・入れ墨)除去は名古屋あいち美容クリニック

美容外科 あいち美容クリニック
 0120-763-152
 
あいち美容クリニック:メールカウンセリングあいち美容クリニック:メール予約
あいち美容クリニック:TOPページ当院のポリシー:美容整形あいち美容クリニック院長紹介治療内容:美容整形受診をお考えの方:美容整形料金表:美容整形メールカウンセリング:美容整形あいち美容クリニックご予約マップ:名古屋院,栄院,美容整形

タトゥー・入れ墨除去について
  タトゥー(tattoo、刺青、入れ墨、イレズミ)の除去は非常に手間がかかり、
また、跡形も無くキレイに治るというわけではありません。
どのような方法で治療をおこなったとしても、多少の跡は残ります。
場合によっては、治療をおこなったがために
「タトゥーはなくなっても、かえって“見た目が悪くなる”」こともあるのです。
美的観点からいえば、現在のままが“一番キレイ”なので、
治療は安易に考えずに十分ご検討していただく必要があります。
当院ではタトゥーの状態(大きさ・場所・形態・色など)やご希望に応じて、
以下の方法の中から最も適切な方法を選択して治療をおこなっています。


タトゥーレーザーで除去する方法(ピコレーザー・エンライトンV)
タトゥーのある皮膚を切除する方法(切除法)
タトゥーのある部分の皮膚を剥いで皮膚の上皮化を待つ方法(剥離法)


 
タトゥーをレーザーで除去する方法(ピコレーザー・エンライトンV)

新時代のタトゥー刺青除去「ピコレーザー」 ピコレーザー あいち美容クリニック
 
仕上がりが一番きれいで、タトゥー除去の治療を考慮する際に中心となる治療法です。
タトゥーの色や深さによっては効果が不確実で、完全に取り除くまでにはかなりの回数と
時間がかかってしまう場合があります。
治療効果は機器の性能に大きく左右されるので、タトゥーの治療に十分な効果が得られる
レーザー機器で治療を受けられることが大切です。
当院では、タトゥーの除去に最も効果的で、全色カラーに対応したピコレーザー・エンライトンVを
用いてタトゥー除去治療を専門におこなっています。

 
ピコレーザーとは?  
レーザー1発1発が照射されている時間を“パルス幅”と言います。
レーザーは短いパルス幅で一気に照射した方が治療効果はずっと大きくなります。
タトゥー除去の治療で広く用いられているQスイッチレーザーは1億分の1秒単位でレーザーを
照射しますが、ピコレーザーはQスイッチレーザーの1000分の1にあたる1兆分の1秒単位で
レーザーを照射することができます。
ピコレーザーはQスイッチレーザーの1,000分の1にあたる「ピコ秒」単位のパルス幅でレーザーを
照射することができるので、従来よりもずっと少ない回数で、より効果的にタトゥー除去の治療が
おこなえます。

パルス表 ピコレーザー あいち美容クリニック

最新ピコレーザー・エンライトン
ピコレーザー・エンライトン ピコレーザー あいち美容クリニック 当院では、2015年にアメリカ・キュテラ社製ピコレーザー・エンライトンを、
2017年にエンライトンVを導入しました。
どちらも中部地区では初導入となります。

エンライトンの特徴
効果が大きい、治療回数が少なくて済む
ピコレーザー・エンライトンVは、高出力のレーザーを「ピコ秒」単位の短いパルス幅で
一気に照射することで、タトゥーのインクを効率よく粉々に粉砕します。 1回の治療効果は
従来のQスイッチレーザーよりも明らかに大きく、Qスイッチレーザーと比較して半分程度の回数で
治療を終了することができます。 また、Qスイッチレーザーでの治療で「これ以上は無理…」と
言われてしまったタトゥーでも、更に薄くすることが可能です。

スイッチレーザーとピコレーザーの違い ピコレーザー あいち美容クリニック


全色カラー対応
ピコレーザー・エンライトンVは、532nm(赤系統のインクによく反応)と
1064nm(黒系統のインクによく反応)と670nm(緑・青系統のインクによく反応)の
3種類の波長のレーザーを、750ピコ秒(ピコレーザー)と2ナノ秒(ナノレーザー)の2種類の
パルス幅で任意で組み合わせて照射できます。
これらを組み合わせた6種類のレーザーを使用して、青色や緑色のタトゥーも含めた
あらゆる色のタトゥーの治療を効率よくおこなえます。

全色対応 ピコレーザー あいち美容クリニック

痛みが少ない、皮膚の負担が少ない
レーザーでインクを破壊する際には熱が発生し、その熱が周囲組織にダメージを与えて
痛みが発生します。
熱の発生はレーザーの照射時間(パルス幅)が短いほど小さく、長いほど大きくなります。
ピコレーザー・エンライトンVは「ピコ秒」の単位でレーザーを照射するため熱の発生が少なく、
治療時の痛みは従来のレーザー治療より大幅に軽減されています。
周囲組織の熱ダメージが少ないので治療後の創部の回復も早く、ケロイドや瘢痕の発生頻度も
大幅に軽減されています。

ピコレーザー ピコレーザー あいち美容クリニック


 
タトゥー・刺青除去動画  
タトゥー・刺青除去(ピコレーザー)の詳細を
動画でご覧いただけます。

※動画のボタンをクリックすると、再生が始まります。
※動画を再生すると音声がながれます。

 

 
治療の流れ

@麻酔
「無麻酔・クーリング・麻酔クリームによる表面麻酔・局所麻酔」などの中から、
それぞれの状態に応じて適切な麻酔法を選択します。

A治療
適切な波長・出力でレーザーを照射します。

B治療後の経過
レーザーを照射した直後は皮膚は白色になり(ホワイトニング現象)、
その後照射スポット中央から微量の点状出血をみることもあります。
翌日にはカサブタがつき、5〜7日程度でカサブタが取れて上皮化します。

C創面の処置 レーザーを照射した部位に軟膏を塗布しガーゼで保護します。
必要な外用薬やガーゼなどをお渡ししますので、治療後1週間程度は同様の処置をお願いします。
【外用薬やガーゼ・テープなどの費用は治療費に含まれています】

D治療の継続
タトゥーの色や濃さや深さなどによっては複数回の治療が必要になり、1ヶ月以上の間隔をあけて治療を繰り返していきます。
Qスイッチヤグレーザー:入墨除去


アフターケア

・当日は過度な運動・飲酒・入浴は控えてください。
・シャワーは当日から、入浴は翌朝から可です。
・治療後1週間はお渡しした外用薬を1日1〜2回塗布してください。
・創面に水ぶくれができていたりジュクジュクしている場合はお渡ししたガーゼとテープで創面を保護してください。
・患部の日焼けは避けてください。
・患部をブラシやタオルで強く擦ることは厳禁です。クレンジングも優しくおこなってください。
・術後一過性の色素沈着が起きることがありますが、紫外線対策と擦ったりするなどの刺激を避けていただければ
 解消します。
・次回の処置が必要な場合には、最低1ヶ月以上の間隔をあけて下さい。
 治療間隔があいても治療効果が少なくなることはありません。
 
 
タトゥー除去 FAQはこちら タトゥー除去 アフターケアはこちら


 
タトゥー見積りメール  
 
   
 
ピコレーザー治療の費用
 
価格表 ピコレーザー
特別院内モニター募集中!!
ピコレーザーに関するご質問

Q:ピコレーザーとはどういう意味ですか?
A:ピコレーザーとは、パルス幅(レーザー1発の照射時間)が
  1/1,000,000,000,000秒(1兆分の1秒)単位のレーザーのことで、
  次世代のレーザーといわれています。

Q:ピコレーザーの効果が高いのはどうしてですか?
A:レーザーの治療効果を大きくするためにはレーザーの出力を大きくする必要がありますが、
  正常な皮膚にも障害(ヤケド)が起きてしまいます。ピコレーザーはレーザーの出力は大きくても
  照射時間が非常に短いので、正常な組織に障害を与えることなく、シミやあざやタトゥーの
  色素だけを効果的に除去することが可能です。

Q:ピコレーザーの治療回数はどれくらい必要ですか?
A:自分で入れた墨のタトゥー、淡いタトゥーは少ない回数で除去できますが、トライバルのように
  しっかりインクが入っているタトゥーは治療回数が多くなります。自分で入れたタトゥーは1〜2回、
  深いタトゥーの場合は黒や濃紺などの単色の場合で5回程度、手彫りの場合や多色彫りの場合には
  それ以上の回数が必要になる場合があります。
  一般的に、ピコレーザーの治療回数は従来の半分程度で済むといわれています。

Q:ピコレーザーの治療はどれくらいの間隔でおこなえばいいですか?
A:1ヶ月以上の間隔をあけて治療を繰り返していただきます。

Q:ピコレーザーの治療は、どのような麻酔でおこないますか?
A:薄くて小さなタトゥーであれば“無麻酔”で大丈夫です。タトゥーの状態に応じて“クーリング”
  “表面麻酔クリーム”“表面麻酔テープ”“リラックス麻酔”“局所麻酔”など適切な麻酔法を選択して
  治療をおこないます。


メールカウンセリング あいち美容クリニック メール予約 あいち美容クリニック タトゥー除去 料金表はこちら
タトゥー除去 FAQはこちら タトゥー除去 アフターケアはこちら


タトゥーの部分の皮膚を切除する方法(切除法)
切除法とは
タトゥーのある皮膚を切除して縫い縮める方法です。
確実にタトゥーがなくなるのがメリットですが、線状のキズが残ってしまいます。
「タトゥーを入れる前の状態にする」のではなく「タトゥーを外科手術の
あとのようなキズに変える治療」とお考え下さい。
小さなタトゥーは1回の治療で終了しますが、大きなタトゥーの場合は何回かに
分割して治療をおこないます。一度の手術でよせきれる幅の目安は、皮膚の
余裕のある場所では3〜4cm、皮膚に余裕のない場所や関節に近い場所など
ではそれ以下です。取りきれなかったタトゥーは、3ヶ月以上の間隔をあけて
皮膚に余裕が出てきてから2回目の手術をおこない切除します。
タトゥー切除法:美容外科


タトゥー切除に関するご質問

Q:ケロイド体質なのですが、切除法でも大丈夫でしょうか?
A:注射の跡や虫に刺された跡もケロイドになってしまう“真性ケロイド”の場合、
  切除法はおこなわないほうがいいでしょう。
  また、胸や肩や下腹部などのケロイドの好発部位のキズが膨らんでいる場合
  (本当の意味でのケロイドではなく“肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)”といいます)、
  タトゥー(刺青)の場所や大きさなどから慎重に判断をすることになります。

Q:切除法の術後に何か注意することはありますか?
A:傷の赤みが引くまでの間は、傷の部分をテープで保護し、よせた皮膚が戻ろうと
  する力が傷の部分に直接加わらないようにする事がキレイに治すコツです。
  創面保護のテープをお渡ししますので、最初の3ヶ月程度は常にテープで
  創面を保護しておいてください。
  また、テープが貼ってあるので余程大丈夫だとは思いますが、傷の部分の
  紫外線対策はしっかりとお願いします。

Q:切除法で費用がいくらくらいかかるか、カウンセリングを受けないとわからないのですか?
A:タトゥーの場合、場所や大きさやデザインの違いにより、傷の大きさや
  治療回数(1回で取りきれるのか、複数回必要なのか)などが大きく異なりますので、
  カウンセリングにお越しいただいて拝見した上でないと正確なお見積もりは難しいのです。
  写メやデジカメの画像を院長直通メール(info@aichi-b-c.com)に送っていただければ、
  目安となる費用はお教えできますのでお気軽にご連絡ください。


タトゥー切除法料金表

タトゥー見積りメール
タトゥー除去メール

アフターケア 〜タトゥー切除の手術を受けられた方へ〜

1.化膿止めのお薬をお出ししていますので服用中止の指示があるまでは、必ず服用して下さい。
2.痛み止めは、痛い時のみの服用となります。服用により何か異常がありましたら、
  服用を中止してご連絡下さい。
3.シャワーは手術の翌日より、傷口をこすらないようにして浴びることが出来ます。
  入浴は、抜糸の翌日からとなります。
4.抜糸は1週間から10日後となります。抜糸がすむまでは、無理な運動は避けて下さい。
5.抜糸後、傷跡をキレイに治すため、創面保護のテープを3ヶ月以上貼り続けていただきます。
  詳しくは抜糸の時にご説明させていただきます。
6.お酒は、1週間ほど控えて下さい。
7.タトゥーが取りきれていない場合は、3ヶ月以上間隔をあけて再度手術をおこないます。
  ご都合のいい日時をご指定ください。

以上何か分からない事やご心配な事がありましたら、必ず電話連絡またはご来院下さい。
尚、次回来院は3日後(ガーゼ交換)、7〜10日後(抜糸)、1ヵ月後(経過観察)です。
指定日にご来院出来ない場合は、0120-76-3152またはinfo@aichi-b-c.comまでご連絡下さい。

メールカウンセリング あいち美容クリニック メール予約 あいち美容クリニック タトゥー除去 料金表はこちら
タトゥー除去 FAQはこちら タトゥー除去 アフターケアはこちら

タトゥーの部分の皮膚を削る方法(剥離法)  
剥離法とは?
タトゥーのある部分の皮膚を薄く剥いでしまい、創面が乾く(上皮化する)のを待つ方法です。
1回の治療で確実にタトゥーを取りきることができるのはメリットですが、
術後しばらくの間(2週間ほどは特に)頻回に通院をしていただく必要があります。
上皮化した皮膚はしばらくの間は赤みが強く、周りの皮膚とは色調が異なります。
「タトゥーを入れる前の状態にする」のではなく「タトゥーをヤケドのあとのような
キズに変える治療」とお考え下さい。
タトゥー切除法:美容外科

タトゥー剥離に関するご質問

Q:タトゥーの剥離手術の治療後の流れについて教えてください。
A:剥離の治療は、文字通りタトゥー(刺青)の入っている皮膚を削って
  とってしまうという治療です。手術後は“皮膚の新生を促す外用薬”と
   “特殊なネット状の創面保護剤”でキズの処置をおこないながら、
  新しい皮膚で創面が覆われてくるのを待ちます。
  最初のうちは浸出液が滲み出ますので、治療後2週間ほどは
  頻回に通院をしていただく必要があります。
  ある程度創面が落ち着いた段階になれば必須の通院は不要になりますが、
  創面の赤みがひいて目立たなくなるのに3〜6ヶ月程度はかかります。

Q:剥離法では時間が経てば完全にわからなくなりますか?
A:剥離の治療を選ばれる方は、ある程度大きなタトゥーである場合が多いので、
  完全にわからなくなるほどキレイに治るわけではありません。
  治療部位は体毛も生えずにシワもなくなってしまうので、近くで見れば
   “ヤケド跡”のような状態になっていますが、タトゥーがあったということは
  誰にもわからなくなります。

Q:かなり大きなタトゥーなのですが、剥離の方法で大丈夫でしょうか?
A:タトゥー(刺青)のある場所によっても異なりますが、あまり大きな
  タトゥーの治療は、仕上がりの点や創面の引きつれなどの理由から、
  剥離の方法では難しい場合があります。
  このような場合には、剥離の治療を分割しておこなうか、レーザーや
  植皮などの方法が検討されます。

タトゥー剥離法料金表

タトゥー見積りメール
タトゥー除去メール

アフターケア 〜タトゥー剥離の手術を受けられた方へ〜

1.化膿止めをお出ししていますので服用中止の指示があるまでは、必ず服用して下さい。
2.術後しばらくの間は頻回の通院が必要になります。
  通院の期間は術後の経過によって異なりますので指示に従ってください。
3.シャワーは手術の翌日より、傷口を濡らさぬようにして浴びることが出来ます。
  入浴は、指示があるまで控えて下さい。

以上何か分からない事やご心配な事がありましたら、必ず電話連絡またはご来院下さい。
指定日にご来院出来ない場合は、、0120-76-3152またはinfo@aichi-b-c.comまでご連絡下さい。

メールカウンセリング あいち美容クリニック メール予約 あいち美容クリニック タトゥー除去 料金表はこちら
タトゥー除去 FAQはこちら タトゥー除去 アフターケアはこちら

   
美容整形:あいち美容クリニック
美容外科 あいち美容クリニック
  美容外科 あいち美容クリニック:お問合せ  
  あいち美容クリニック:メールカウンセリング   あいち美容クリニック:メール予約  
  あいち美容クリニック:メールカウンセリング   あいち美容クリニック:メールカウンセリング  
24時間以内に院長が直接返信致します。
わからないことや聞いてみたいことなどが
あれば些細なことでも構いませんので、
気軽にメールして下さい。


お送りいただきましたカウンセリング
メールは24時間以内に必ず返信して
おります。
お使いの携帯電話やパソコンのメール
設定などによっては返信メールが届かない場合もありますので、メールが届か
ない場合にはお電話でお問い合わせください。


上記、送信フォームからメールを送信
できない場合、info@aichi-b-c.com
宛てに直接メールを送信してください。
ご予約は上記メールフォームより
お申込みください。
18時以降に送信された場合、返信が翌朝10時以降になることがあります。
メールでのご予約は、ご希望の2日前までに余裕をもってお申込みください。


当日及び翌日(お急ぎの方)のご予約
は、フリーダイヤル0120-763-152
(受付 時間10:00〜21:00)
をご利用ください。
         
■■■お問合せ■■■
あいち美容クリニック −医療レーザー脱毛、メディカルエステプラン、タトゥー・刺青除去、プチ整形、
若返り治療など美容医療から外科治療まで充実した治療!名古屋の美容クリニック−
---サイトマップ---
Copyright © Aichi Beauty Clinic. All Rights Reserved.
美容整形:あいち美容クリニック