ボトックス効果を詳しく解説!ボトックスをよく知らないあなたへ

ボトックス注射とは、エラ張り改善、額や目尻にできた表情ジワ改善、ふくらはぎの張り改善、肩こり改善、脇汗改善などで使われるものです。その名のとおり注射だけで終わる施術なので、通院の必要もなく、翌日から普段どおりの生活が送れることでも、人気を集めています。

元々はけいれんの治療を目的として、眼科や神経内科で50年ほど前から使われていたものです。筋肉の働きを抑えることで、様々なお悩みを改善します。

この記事では、ボトックス注射の効果やデメリット、副作用など、ボトックス注射について気になることを解説しています。ボトックス注射について少しでも気になる人は、ぜひ読んで不安を解消してください!

エラボトックスの効果を感じる期間は?

ボトックス注射は永久に効果が続くものではなく、しばらく経つと効果が薄れます。エラボトックス注射を受けた場合、半年〜1年程度効果が持続します。半年ほどかけて筋肉が再び発達していき、元の顔へと戻ります。

エラボトックスでは、咬筋(こうきん)という筋肉を細くすることで、エラをスッキリ見せることができます。咬筋は食べ物を噛むときなど、日常的によく使う筋肉なので、毎日少しずつ発達してエラが再び張ってきます。

効果を長持ちさせる方法はある?

エラボトックス注射を長持ちさせたいなら、繰り返しボトックス注射を受けましょう。ボトックス注射を繰り返し受けると、後戻りしづらくなるという特徴があります。1回きりで終わらせず、効果がなくなった頃に繰り返しボトックス注射を受けましょう。効果が長持ちしている人は、1年以上経っても効果を感じられていることもあります。

またボトックス注射を受けた後には、汗をかく機会をなるべく減らすことも大事です。ボトックス注射の薬剤には「熱に弱い」という特徴があるので、サウナや長風呂などはしばらく控えましょう。

エラボトックスの効果はどんな感じ?

エラボトックス注射は、エラにある咬筋(こうきん)という筋肉に働きかけて、筋肉を細くします。咬筋が発達していることによってエラが目立っている人は、エラの印象が劇的に変わります。人によっては、「痩せた?」と周りから言われるくらい印象が変わります!

ただし咬筋の発達はそれほど見られず、骨格によりエラが張っている場合には、あまり効果が見られないことがあります。

ボトックス注射をやめるとどうなる?

ボトックス注射をやめると、注射した部位が元に戻ります。注射前よりもさらに悪化するということはありません。

しかしシワ対策としてボトックス注射を受けた場合、ボトックス注射をやめると「シワがひどくなった」と感じることがあります。これは、ボトックス注射の効果が薄れて筋肉が元どおりになっても、他の部位の状態が同じとは限らないためです。

例えば、ボトックス注射を受けて半年経つと、ボトックス注射の効果がなくなって筋肉が元に戻るのに加え、皮膚などは半年分老化しています。よって半年前と全く同じ状態に戻ったとはいえず、「注射前よりもシワがひどくなった」と感じることがあります。

ボトックス注射を打ち続けるとどうなる?

ボトックス注射を打ち続けることによる副作用などは、特にないと言われています。繰り返し注射し続けることに、不安を感じる必要はありません。

ただし、ボトックス注射を繰り返し受けていると、ちょっとしたシワでも許せないようになり、「整形依存症」のようなことになる場合があります。不自然な仕上がりだろうとシワのない状態を求めたり、医師が推奨する期間よりも短いスパンでボトックス注射を繰り返したりすることがあります。依存症になるのはごく一部の人に限られますが、頭の片隅に入れておきましょう。

ボトックス注射の効果がないと感じることはある?

ボトックス注射を受けても、「あまり効果がない」と感じることはあります。

1つめの理由として、お悩みに対してボトックス注射が適しておらず、他の方法をとるべきだったという場合があります。エラが気になった場合、筋肉ではなく骨格が主な原因であれば、ボトックス注射であまり効果を感じられません。シワが気になった場合、ボトックス注射よりもヒアルロン酸注射の方が効果的だったという場合もあります。

2つ目の理由として、ボトックス注射に使う薬剤の注入量が足りていなかった場合があります。お試しでボトックス注射を受ける場合や、費用の関係などで、医師からすすめられた量よりも実際の注入量を少なめにすることはよくあります。ボトックス注射は、注入量に応じた効果が出るので、ボトックス注射を受けてもあまり効果がないと感じることはあります。

エラボトックスの効果が出るまでの期間は?

エラボトックス注射は、すぐに効果が出るものではなく、時間をかけて徐々に効果を表していくものです。

エラボトックス注射では、エラにある咬筋(こうきん)という筋肉に働きかけます。薬剤が筋肉に働きかけて、筋肉が細くなるまでには、1週間程度かかります。注射後1週間程度で効果を感じ始めるようになり、1カ月程度かけてエラの張りが落ち着きます。

効果が出るまでにしばらく時間がかかるため、「大事な日に合わせて小顔になりたい」と思ってボトックス注射を受ける場合は、遅くても1カ月前までには受けておくことをおすすめします。

ボトックス注射にデメリットはある?

ボトックス注射のデメリットは、効果が一時的なものであることです。骨を切ったり皮膚を切開したりする美容整形のように、効果が半永久的に続くことはありません。

繰り返しボトックス注射を受けられる際は問題ないですが、事情がありボトックス注射を続けられなくなった場合は、また悩みを抱えることになります。

ボトックス注射に副作用はある?

ボトックス注射を受けるときに、心配になるのが「副作用」です。日常生活に支障をきたす大きな副作用が出ることはほぼありませんが、軽い副作用が出ることはよくあります。

注射した部位の赤み、腫れ、内出血、炎症

よくある副作用として、注射した部位の赤み、腫れ、内出血、炎症があります。こちらは予防接種などの注射でも説明を受けたことがあると思いますが、ボトックス注射でも起こります。特にボトックス注射は顔にすることが多いので、服などで隠すことができず、気になりやすいです。

赤みなどが出た場合、メイクでカバーすることができます。事前にカバー力の高いコンシーラーやファンデーションを用意しておくことをおすすめします。注射から1週間以上経っても、赤み、腫れ、内出血、炎症が落ち着いた気がしない場合や、ひどくなっていると感じる場合は、注射を受けたクリニックへ相談しましょう。

注射した部位が動かしづらい

次によくある副作用として、注射した部位が動かしづらくなることがあります。これは、ボトックス注射によって筋肉の働きが抑えられたことによるものです。ボトックス注射は徐々に効果が薄れていくのが特徴なので、注射した部位の動かしづらさも、日に日に減っていきます。動かしづらさを感じるものの、日常生活に困っていない場合は、しばらく様子を見てみましょう。

ただし、日常生活に支障をきたすほど動かしづらい場合や、動かしづらさが気になって仕方ない場合は、ボトックス注射の修正注射を検討しましょう。

まとめ

ボトックス注射について気になることをまとめました。この記事で不安が解消できましたら幸いです。

ボトックス注射を考えている方は、信頼と実績のある品川美容外科がおすすめです。まずは気軽に無料カウンセリングを受けてみましょう!無料カウンセリングは以下のフォームから予約することができます!

無料カウンセリングの予約はこちら